トップページ | 友達はいいね。 »

2004/12/30

家族。

私の様子がおかしいことに気がついてくれたのは、一緒に住んでいる家族でした。

殆ど御飯を食べず、睡眠も取らず、それなのに元気に走り回る私を見て、「変だ」と思ったのだそう。

極めつけは、母が運転する車の助手席から、路上でたむろす不良たちに喧嘩を売ったこと(失笑)。
「あんた達、邪魔だからどいてくれない? そんなところに座り込んで邪魔なの分からない、ばっかじゃないの?」

とかなんとか言ったらしい。今の自分からは考えられないものね、バイクを停めて路上に座り込んでいる不良たちに喧嘩を売るなんて。。。慌てて母がハンドルを切って逃げたけれど、もし追いかけられていたらと思うとぞっとします。

あのときは、一ヶ月ちょっとで体重が10キロ近く減りました。突発性難聴になって倒れたのもこの頃です。入院をして治療をしたのですが、発見が遅かったので、メニエールとして後遺症が残ってしまいました。急激なダイエットのせいで、冷え性にもなってしまったし(涙)。。家族には大変苦労をかけました。

今、私がこうして周囲の人達から 『戸倉は自分から言わなければ、精神を安定させる薬を飲んでいるなんて分からないよ』 と、言ってもらえるまでに回復したのは、母と家族、親戚たちのおかげです。 一緒に住んでいる家族が諦めずに背中を押してくれたから、親戚連中が、なんら変わらない態度で、私が回復するのを待ってくれたから、今の自分があるんだと思っています。

|

トップページ | 友達はいいね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トップページ | 友達はいいね。 »