« トラックバックについて知っておこう。 | トップページ | 戸倉晃改め? »

2005/07/22

夢をかなえるために。

必殺トラックバック返し。

ふるかわさんが、ブログに書いていたけれど、私も双極性障害を抱えているので、病気を持っていない方のように、『夢に向かって無心で全力で頑張る』 ことが夢をかなえる手段になりえません。逆に夢から自分を遠ざけることになります。

本当に夢を形にしたいと思ったら、工夫が必要なんだな。

なるべく心を平穏に保って、日々のやらなきゃいけない雑事を片付けながら、ちょこちょこ努力をしていく、みたいな。早寝早起きは基本ですね、睡眠時間を削るとスーパーハイテンションになってしまって(長続きしないけど。。)、反動でその後しばらく使い物にならなくなるから、調子のいいときにコンスタントに努力していく。


今。朝9時から昼4時まで、仕事(研修)を受けています。来月からCADオペレーターとして、現場につめる予定です。まずは契約社員として働きます。6ヵ月後に社員として登用するかどうか決定されるそうです。

本当は設計がやりたいんだ。でも、今は目の前の仕事が楽しみ☆★ そのときそのときの自分の調子と‥やれることとやりたいこと、普段はちょと手を伸ばせば手が届きそうなものを見ながら、時々大きな夢を思い出しながら当面はやってみようと思っています。

昔、(はて、双極性障害になって会社を辞めて、また勤め始めたときだったかのう?)母に貰った歌詞の切り抜きがあります。雑誌から切り抜いて、マーカーをして渡してくれました。



LINDBERG(リンドバーグ)のLITTLE WING(リトルウィング)

「誰もがみんな口を揃えて無駄なことだと白い目で僕を見るけど」

「夢見る重さに負けちゃいけない。キズつく勇気を忘れちゃだめさ。」 



なかなか実際に実行するのは大変だけど、、、だって傷つきたくはないもの、白い目で見られるのは嫌だもの、自分は病気なのだと言うわけにはいかないし(--)、外から見てもぱっと見、普通の人にしか見えないから、ずっとそのまま気が付かないで居て欲しいし‥‥精神を病んでいる病人だという目で見られるなら、根性の無い奴だと思われている方がましだから。

病気を持っていないということにしておいて頑張ると決めたのは自分だから、そのことで傷ついても、それは自分の中で後から誇りに変えられる。一番大切なのは、後悔しないように今の時間を大切にすることだと思うんだ。

|

« トラックバックについて知っておこう。 | トップページ | 戸倉晃改め? »

コメント

読ませていただきました。
ファイトです。

投稿: 飄々(ひょうひょう) | 2005/07/22 22時22分

広い双極など書いていたけれど
戸倉晃は、必殺トラックをバックしなかった?


投稿: BlogPetの「ましゃ君」 | 2005/07/23 11時07分

久々にブログを見たよ。晃ちゃん、久しぶり!
転職が決まったんだね。おめでとう。先を越されたね(苦笑)。

セキスイハイムを辞めるときに飲みに行って社長が言ってた
「身の丈」の意味がわかってきた気がするよ。
僕はいま勉強している資格で転職するよ。次の資格は狙わない。
だめだったら業界を変えるつもりだよ。

子育てと仕事の両立は大変だよ。どちらかのご両親に手伝って
もらうとかしないとね。僕の元妻がそうだったからね。
まだ、先の話しだけどね。

投稿: かつ | 2005/07/23 21時10分

>飄々さん
短くて心のこもったコメントありがとうございました。こういう濃くて短いコメントも嬉しいんですvv。てんぱっている時はなおさら。
>かつさん
身の丈の意味は、分かるんだけど分かりたくない気持ちがありませんか。それはつまり、分かっていないということなのかもしれないけれど、、、人間お金を得られなければ生きていけないもの。自分の中の理想と現実のギャップはなかなか埋められないです、私の場合。

子育てと仕事の両立は大変だろうな。そのときはうちの母とばばに手伝ってもらうことになると思います。

投稿: 戸倉晃 | 2005/08/08 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73045/5094644

この記事へのトラックバック一覧です: 夢をかなえるために。:

» 夢の実現とバランスと [躁鬱な日常を綴る日記]
夢の実現方法について、戸倉晃さんよりトラックバック返しをもらいました。だいぶ、ブ... [続きを読む]

受信: 2005/07/22 23時07分

« トラックバックについて知っておこう。 | トップページ | 戸倉晃改め? »