« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年3月

2006/03/06

それも一つの優しさ。

ふるかわ(夫)は葬儀から、帰ってきて、その日はとても落ち込んでいましたが、だいぶ元気になってきました。話を聞くに、葬儀の間は自分が落ち込んでいることが、よく分からなかったけれど、帰ってきた途端、自分が悲しいんだということに気がついたそう。

ああ、そういうの分かるな~、と思いました。私も、先輩の葬儀の時そうだったから。祖父や叔母が死んだときは、ダイレクトに悲しみが胸に入ってきたけれど、先輩のときは死を認めたくない気持ちが強くて、頭が受け入れを拒否している感じでした。

相手に悔いが残ると、そうなるのかなあ。。。

後悔で頭がいっぱいで悲しみに気がつく余裕が無かったんだろうな、と。今まで自分は理知的でそういう感傷に浸ることは無いと、思い込んでいたから、ダブルショック!!だったそうな。

私から見れば、とても優しい人だから、むしろ泣いてくれてほっとしました。ずっと我慢しているように見えたので。大学院に入って、論理的に思考することを訓練しているうちにそれが普通になってしまったのだと、自分でも言っていました。

ほんとはとても繊細で優しい人なんだよね。(文章にはそれがぜんっぜん、現れていないけど)

見ていて損をしているな、と歯がゆくなる時があります。

文章は、短ければ短いほど良い

と、言ってはばからない頭でっかち。根拠と結論、この二つのみを明快に記して、余計なこと(自分の感情)は一切書かない。アドバイスは、相手の文章から読み取れる、相手の必要としていることにのみ答える。自分の分からないことは、想像では書かない。

‥それも、一つの優しさなんじゃないかと思うんです。

少なくとも、質問に対して感想や自分の経験をひけらかすだけで終わるだけの回答より、ずっと親切で優しい。私はそう思います。

続きを読む "それも一つの優しさ。"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »