« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016/03/29

親の影響って凄いんだね。

おはようございますsun 最近調子が悪かったんですが、ようやく上向いて来ました。
とは言え、昨日精神科に行ってきた為、少し疲れ気味です。めちゃくちゃ待つんだよな、あそこ。昨日は2時間30分待ちでしたが、まだましな方です。月初めの土日などは大変混んでいて、50人待ちもざらです。うむー(ーー゛)

本当は、今日2号と科学技術館に行く約束をしていたんですが、お願いして明日に変更してもらいました。都会派?の私ですが、歳をとって田舎に引っ越したことで、東京に行くのに決心が要るようになってしまいました。「よし、行くぞsign01」と気合を入れないと、電車に乗れないという。。

32962783_480x400_2ところで、三つ子の魂100まで、と言いますよね。でも私に言わせると、五つ子の魂100まで、ですな。たぶん5歳くらいからだと記憶しているんですが、一緒にTVを見るようになり、

「地球ドラマチック」や「ダーウィンが来た!」 等、主にNHKのネイチャー系の番組を見て育った2号は、僕は将来物理学者になるsign03 と、言うまでになりました。

(最近は、「生き物にサンキュー」、を見たがるようになり、バラエティーの動物番組が嫌いな私は音楽を聴きながら別の事をしていたりもするんですが・苦笑)

今はこの間やっていた地球ドラマッチックの、星が産まれてから死ぬまで、や大科学実験がお気に入りです。去年は、恐竜の進化やDNAの突然変異で人間が栄えた過程など、繰り返し見ていました。

先日、プラネタリウムで『宇宙のはての向こう側』というプログラムを見て来たんですが、早速、地球から宇宙のはてまでは、460億光年!!、等々仕入れた知識をヘルパーのお姉さん方に披露しています(^-^;。 

わしは宇宙の向こう側にはまた、違った宇宙が広がっていて宇宙がいくつもある、という話に感銘を受けました。この世は広いな~~。

続きを読む "親の影響って凄いんだね。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/03/16

押絵の作り方を紹介したblogを作り始めました!

2

こんばんはー★
後から読み返してみたら・・・なんて変な文章! 眠かったみたい、私(苦笑) 推敲します。

2号と一緒に20時に横になり、添い寝をしていたらいつの間にか、落ちていました。実はよくやります(^-^;

押絵については 「独立したサイトを作りたいな」、でもどうしようと考えた結果、もう一つblogを作ることにしました。

これで、投稿の日時を調整したりといった手間が省けて楽ちんですーー! 押絵についてのみのblogにする予定ですが、もしかしたら木目込みが仲間入りするかも。

戸倉晃の上手な押絵(くるみ絵)の作り方 です。
http://heavenlysheep.cocolog-nifty.com/osie/

続きを読む "押絵の作り方を紹介したblogを作り始めました!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/09

にゃん太のくるみ絵作成中。(押絵) 戸倉の場合

まず最初に、私の押絵の作り方は、一般に他のサイトさんが掲載されている方法とは違う場合があります。

良かったら参考にして下さい。

Img_0062

まず、私の押絵に使う道具から。
① クラフトハサミ ②木目込み用のヘラ ④まち針 ⑤おしぼり ⑥ボンド入れ 
⑦それに今回はパッチワークボード(画面の黒い背景)

 

この中で、①のクラフトハサミは戸倉の手作りには欠かせない相棒です。紙でも布でもこれ一つでなんでも切れて、切れ味は鋭いままです。

Img_0073_2で、これ大事。おしぼりは、手やへらを拭く濡れているものと、それを拭く乾いたおしぼりと二つ用意した方がいいです。ちりめんはボンドが付くと色が変わってしまいます。へら等にボンドが残っていないように乾いたおしぼりで綺麗に拭いた方がいいと思います。

Img_0060

 

パーツを置いてくるむところは、他のサイトさんと同じです。

私は今回パッチワークボードを使って、しわがついたちりめんを固定するのに使いました、ざらざらしているので、しわが伸びた状態になり作業が出来で便利でした。

で、くるんだところ。この時ボンドは紙の方に付けます。

Img_0066

Img_0069

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くるみ絵(押絵)の作り方。戸倉の場合 Ⅱ

パーツとパーツを貼り合わせる際、まち針を打って印をつけ、貼りつける方にそこだけボンドをつける(紙の側に)のですが、写真を撮るのを忘れました。。

~パーツをくっつけ終わったところ。

Img_0106

この一かたまりを動かないようにするため、裏に石州和紙(せきしゅうわし)を貼るように、お教室で教えてもらいました。

Img_0064

左の和紙が石州和紙です。右はにゃん太をダブルピンで、ボンドが剥がれてパーツがずれないようにしっかりくっつけているところ。

Img_0051

石州和紙を、パーツとパーツの間をまたぐように、貼ります。

Img_0108

最後に全体に石州和紙を貼りつけボンドを塗り、土台に貼りつけます。

それから、布等を被せて、上に重い本などを乗せ完全に固定します。何時間かそのまま置いておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くるみ絵の作り方 角の出し方編

Img_0147

① まず頂点から少しだけ離れたところまで、ちりめんをボンドで紙に付けます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くるみ絵の作り方 角の出し方編 2

Img_0148

② 頂点だけ紙から一度剥がします。そしてボンドをちりめんに付けます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くるみ絵の作り方 角の出し方編 3

Img_0150

③ 角を基点に向かい合ったちりめん同士を貼り合わせます。この時、しっかりと基点(根元)を尖らせること!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くるみ絵の作り方 角の出し方編 4

Img_0158

Img_0152

斜めに切ります。この時根元を尖らせるように。紙とちりめんの間ギリギリにハサミを入れます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くるみ絵の作り方 角の出し方編 5

Img_0156

Img_0160

⑤ 以上です。意外と簡単 今気が付いたんですが、バックのダヤンのカレンダーが怖い。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くるみ絵の作り方 ボンドの付け方編

Img_0165

型紙の上に直接置いて、パーツの配置を確かめます。にゃん太の顔の方に待ち針を刺します。この部分にのみ、ボンドを付けます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くるみ絵の作り方 ボンドの付け方編

Img_0169

型紙に直接載せて位置を合わせながら、くっつける順番を考えながら貼り合わせていきましょう。

なるべく型紙と寸分違わぬ形に仕上げるのが理想(←自分に言い聞かせています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くるみ絵の作り方 ボンドの付け方編

Img_0167

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くるみ絵ではなく押絵です。

Img_0142

今、作成中の端午の節句の押絵です。8㎝角くらいの小さいけれど、本格的な物です。

ちりめんと金蘭(きんらん)両方使います。伸びる生地のちりめんとは違い、分厚く固い金襴は扱いにくい、けれど仕上がりが豪華になる生地です。

この兜とこいのぼりとあやめの、3つを選びました。全部出来たら、長い短冊に取り付けて壁に飾る予定です。

一人で作らず、お教室で師匠に習いながら作っているので、時間がかかっています。なんとか5月前に、一度東京に習いに行きたいです。

Img_0178

Img_0180

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/04

ぱぱ、1,000円!

Tanpopo3ss_2ぱぱあしたかえってくるの?

かえってこなかったら

ばっきん千円!

‥‥2号にとって現実的なお金の単位は1,000円なんだね。
(2号の携帯のパパへのメッセージより)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »