« くるみ絵の作り方 角の出し方編 | トップページ | にゃん太のくるみ絵作成中。(押絵) 戸倉の場合 »

2016/03/09

くるみ絵(押絵)の作り方。戸倉の場合 Ⅱ

パーツとパーツを貼り合わせる際、まち針を打って印をつけ、貼りつける方にそこだけボンドをつける(紙の側に)のですが、写真を撮るのを忘れました。。

~パーツをくっつけ終わったところ。

Img_0106

この一かたまりを動かないようにするため、裏に石州和紙(せきしゅうわし)を貼るように、お教室で教えてもらいました。

Img_0064

左の和紙が石州和紙です。右はにゃん太をダブルピンで、ボンドが剥がれてパーツがずれないようにしっかりくっつけているところ。

Img_0051

石州和紙を、パーツとパーツの間をまたぐように、貼ります。

Img_0108

最後に全体に石州和紙を貼りつけボンドを塗り、土台に貼りつけます。

それから、布等を被せて、上に重い本などを乗せ完全に固定します。何時間かそのまま置いておきます。

|

« くるみ絵の作り方 角の出し方編 | トップページ | にゃん太のくるみ絵作成中。(押絵) 戸倉の場合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73045/60519804

この記事へのトラックバック一覧です: くるみ絵(押絵)の作り方。戸倉の場合 Ⅱ:

« くるみ絵の作り方 角の出し方編 | トップページ | にゃん太のくるみ絵作成中。(押絵) 戸倉の場合 »