« くるみ絵(押絵)の作り方。戸倉の場合 Ⅱ | トップページ | 押絵の作り方を紹介したblogを作り始めました! »

2016/03/09

にゃん太のくるみ絵作成中。(押絵) 戸倉の場合

まず最初に、私の押絵の作り方は、一般に他のサイトさんが掲載されている方法とは違う場合があります。

良かったら参考にして下さい。

Img_0062

まず、私の押絵に使う道具から。
① クラフトハサミ ②木目込み用のヘラ ④まち針 ⑤おしぼり ⑥ボンド入れ 
⑦それに今回はパッチワークボード(画面の黒い背景)

 

この中で、①のクラフトハサミは戸倉の手作りには欠かせない相棒です。紙でも布でもこれ一つでなんでも切れて、切れ味は鋭いままです。

Img_0073_2で、これ大事。おしぼりは、手やへらを拭く濡れているものと、それを拭く乾いたおしぼりと二つ用意した方がいいです。ちりめんはボンドが付くと色が変わってしまいます。へら等にボンドが残っていないように乾いたおしぼりで綺麗に拭いた方がいいと思います。

Img_0060

 

パーツを置いてくるむところは、他のサイトさんと同じです。

私は今回パッチワークボードを使って、しわがついたちりめんを固定するのに使いました、ざらざらしているので、しわが伸びた状態になり作業が出来で便利でした。

で、くるんだところ。この時ボンドは紙の方に付けます。

Img_0066

Img_0069

|

« くるみ絵(押絵)の作り方。戸倉の場合 Ⅱ | トップページ | 押絵の作り方を紹介したblogを作り始めました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73045/60515747

この記事へのトラックバック一覧です: にゃん太のくるみ絵作成中。(押絵) 戸倉の場合:

« くるみ絵(押絵)の作り方。戸倉の場合 Ⅱ | トップページ | 押絵の作り方を紹介したblogを作り始めました! »