カテゴリー「07..美術のこと」の記事

2005/03/18

ラ・トゥール展行ってきました♪

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール―――光と闇の世界 展に行ってきました。

金曜日の夕方で、まだ始まったばかりだからそれなりに混んでいるかな、と覚悟していたんですが、全然そんなことはなくて、適度に空いていて良かったです。 (←上野で美術展を見たことのある人の感覚) 初日は、盛況だったそうだから、平日だったのが良かったのかな。

ラ・トゥールの描く絵は、夜の情景、特に蝋燭の光を使った表現が素晴らしくて素敵でした。 蝋燭の光に照らし出される、人間の肌の色や、光の当たるところから当たらないところへの色のグラデーションがとても綺麗で、画面は静かなのだけれど、一度見たら忘れられない‥独特の絵。

あの当時の絵の具は、鉱石を砕いて混ぜているんですよね。(めちゃくちゃ体に悪いので、今ではそんなことはしていない) 黒い闇の背景に人物のまとう衣服や装飾品の輝きが、とってーも綺麗vvvで良かったです。

やっぱり 「ダイヤのエースを持ついかさま師」 は、人気者でした。あと私は、「聖ヨセフの夢」 が気に入りました。帰りがけに、自分へのお土産にクリアファイルも買ってしまいました♪

相方さんと行ったんですが、ホワイトデーのプレゼントをもらいました。ローラ・アシュレイ の薄型のポーチ。ピンクのバラの柄が上品で可愛い☆
それにしても、あのブランドは店内もとても可愛いので、あの中で選んで買ってくれたのかと思うと笑いが止まらず‥じゃなくて、袋を開けたときは素直に、嬉しくてありがとう、と思いましたvv。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/11

上野の森へ行こう!

戸倉は、美術・芸術好きです。
が、しかし、全っ然詳しくはありません。

画家も、ピカソやセザンヌといった、誰でも知っている人しか知りません‥いや、マジで。なぜならば、覚えようという気が無いから。(←こういう奴なんです、わしは)
興味はあるから、いつか、もう少ーし覚えようと思ってはいるんですが、、、う~ん、いつの日になることやら。

大体、年に7~8回何かしらの展覧会に足を運びます。
西洋美術だったり、建築展だったり、色々です。コンサートやライブにも、ときど~き行きます。去年は、渡辺美里とミスチルと、東京オペラシティにクラシックも聞きに行ったな。あと、あまり行ったことがないから、機会があれば舞台も観にいきたいと思っています。

話がそれました。美術の話がしたいんだったわ。
美術番組で唯一見ているのが、

「美の巨人たち」
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/です。これは、オススメ!面白いですよ。TV東京で毎週土曜日の、夜10時~10時30分までです。

それと、3月8日から5月29日まで、上野の国立西洋美術館で、
「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展」http://www.nmwa.go.jp/index-j.html
がやっています。

ラ・トゥールは、蝋燭の光で印象的な光と闇の世界を演出した、17世紀のフランスを代表する芸術家だそう。
「いかさま師」は、私でも知っている、ルーブル美術館所蔵の絵なんだけど、ラ・トゥールという名前は今まで知らなかった。。いいっスね~~せっかく日本に来るっていうんだもの、見てみたいじゃないvvv。

うふふ、楽しみだな、いつ行こうかな♪♪

ちなみに、国立西洋美術館本館は
フランスの建築家、巨匠 「ル・コルビュジエ」 の設計

それから、書き忘れてしまったので、つけたしです。
3月13日から 「東京のオペラの森」 が始まりますね。今年は無理だけれど、来年こそは鑑賞をしに行きたいなあーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)